リンク:絶版になった原本からそっくり起こしました。無料贈呈です。ご利用下さい。

第1章 序-砂が鳴く第2章 古代の怪異第3章 魅力第4章 琴引浜第5章 伝説第7章 伝説第8章 謎の一直線第9章 幻の鳴き砂浜を訪ねて|第10章科学|あとがき|増補分


つぎは人間の番ですよ


原発がとまった日 ダイヤモンド社 1989年 発行

私と原発との出合いは、S1975年夏のことだった。宮城県の牡鹿半島のつけ根に位置する女川町をたずねた。目的は半島東岸の鳴浜調査であった。タクシーを拾って 「鳴浜へ」。「鳴浜はハー、昔あそこに道がなぐで、向ごうの畑へ往復するのに、浜の上を通ったもんだべ。活き帰りにィ、砂ごさ鳴ぐのをたのしみにしたもんだべ。 子供のころから見てきたもんを、いまさら見ぜねェこともあるめェ」


この運転手と守衛の押し問答で、なんとかゲートを通って浜に出る。文字通り鳴浜、一歩一歩クックッと砂が妙音を奏でた。豊かな純白の砂浜。 いまどきの日本では、自然の浜を見ることは珍しいから、感慨はひとしおであった。ウミネコの群れだけが番人で、無数の打ち上げ貝が色とりどりの模様をちりばめた 豊かな白砂の自然に圧倒された。ところが翌年の夏のこと。たまたま見ていたNHKテレビで、女川原発完成予想図が出た。なんとわたしが歩いた浜は巨大な防波堤や岸壁 におおわれている。私はただちに現地の東北電力女川原発準備本部をたずねた。「なぜあの美しい浜を埋め立てるのですか、原発の価値とあの浜の価値と比較になります か」。私の問いに対する返答は型どおりのものだった。環境庁長官にも書簡を出して、どちらが大事かを質問した。もちろん返事はなかったが、鳴き砂とはなにかについ て、環境庁は資料を収集したことを後になって知人から聞いた。
それまで原発は必要と思い込んでいたが、このことがあって、あらためて原発について勉強してみた。日本の本ではわからないことも、外国の本ではっきりした。原発はもは や時代遅れのエネルギー政策だということが次第にわかってきた。以来私は原発よりも鳴き砂の浜辺が大切だと確信するようになった。鳴き砂調査の行く先ざきに原発の影が あった。宮城県、新潟県、能登、丹後、和歌山県、山口県、そして九州北部の浜と、鳴き砂の浜辺の近くには必ず原発がくる。砂が鳴くような浜辺は辺境の地だから、ここ を原発が狙う。廃棄処分の方法も明らかでないもので、日本の国土を廃墟にしていく原発。いまは亡き浜(鳴浜)には、ますます設備が増強されていると聞く。
あの浜の住人だったウミネコや美しい貝たちもなげいていることだろう。つぎは人間の番ですよと。 (みわしげお)

原発がとまった日 広瀬 隆著 

戻る