chimai's The story of Kotoga beach
琴ケ浜のお話

Kotoga beach

The boat has been broken at last in furious sea. Koto Hime's remains who had hugged a koto,
washed up on the beach.
The villagers felt pity for her, and buried her with her Koto harp under a pine tree at a hill.
And then, they had heard the sound of Koto harp from nowhere when they walked on the beach.

 

After a while ,  

荒れ狂う海の中で とうとう船は砕けてしまいましたが、
それでもしっかりと琴を抱いた琴姫のなきがらは、やがてこの浜辺に 流れ着きました。

  不憫に思った村人たちは、琴と共に浜の見える高台の松の下に 琴姫を葬りました。
それからというもの、この浜を歩くと、琴の音がどこからともなく、聞こえてくるようになりました。

  それからしばらくして…、
 

NEXT NEXT

 

Home