日本近海産貝類図鑑 の投票理由

BACK

・日本の近海産種類最多微小種が多い 生態写真も でも値段高過ぎ
・色々問題はあるようですがそれを恐れてなにもしないよりまし。間違いは訂正する。
・標本の質も、写真のできもよい。日本産貝類のバイブル。
・標本の質も、写真のできもよい。日本産貝類のバイブル。
・やっぱ間違いなんかより種類です。
・最新と言うことと、種類が多いのが魅力です。
・種類も寫真も非常に良い。でも、カセン類が殆どないので、ちょっとガッカリ。代わりの本を探したい。お知らせ願えませんか?
・小さい貝を大きく図示してあるのが良い。
・かなりの種が掲載されており、いざと言う時は是非必要になる。できれば、現時点で記載されている全種が掲載されている図鑑が欲しい。
・究極の選択を迫られると、やはり、これですね。
・最新の情報と大きめの写真が魅力。間違いが多いとはいえ、やはり決定版。
・規模及び内容からしたら当然、「日本版 Conchologia iconica」と言えるほどの大作でしょう。
・個人で買うには勇気が必要な1冊、しかも写真は豊富なものの独特な個体も多く、これらを基にした同定は困難きわまりない。十分に慣れてから気合いを入れて買うべし!
・やや間違いが多いが、最新版なので利用。
・掲載種が多い。小形の貝が大きく図示されている。
・すみません。この本に投票するつもりが間違えて保育社の図鑑に投票してしまいました。「三冊本を持っているが…」というコメントがそれです。保育社を1票減らして、こちらを1票増やしてください。
・子供が上に乗ってぼろぼろですが、購入してから、開かない日はありませんね。
・見やすい
・ちょと重いですが、とにかく種類がたくさん出ていて調査の際には必ず使っています。
・日本の貝がほとんどすべてのっていてかなり便利です。
・掲載種数が多いことがなによりの強みだと思う。個人で一冊欲しいけど、なにせ高い。
・種類数が多く、微小貝も充実。写真の中にはやや典型的でない型が載っているような気も。
・深海性種や微小種が多いのが良い。土佐のトロールの貝と沈木に付く貝をやっているので特に沈木に付く深海性種が載っているのがありがたい。ただ−300mを越すと判らない物ばかりですが。
・種類が多いというのが良いところ
・種類が多いというのが良いところ。ほかの図鑑には載っていない種類がたくさん。
・種類が豊富で南方向け!

161コメント中 26コメントが 日本近海産貝類図鑑 のコメントです。

- VOTE COM -

Micro Shells Home